FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
乱視の種類

日本人は近視の眼の人がとても多いので、レーシックも近視の矯正手術として取り扱われることが非常に多いのですが、乱視や遠視を矯正することも可能です。

角膜の屈折を強くする為に、周辺部を削り屈折度を高めます。ただし、乱視の場合その乱視がどんな種類の乱視かにより、削り方が変わってきます。

乱視は、不正乱視と正乱視の二つに分かれ、正乱視はさらに直乱視、倒乱視、斜乱視の3つに分類する事ができます。

まず、正乱視とは、レンズの球面がいずれかの方向に長くなっていて、ラグビーボールの様な楕円形になっている為に起こる屈折異常です。

この時、横に長い角膜は倒乱視、縦に長い角膜は直乱視、斜め方向に長い角膜は斜乱視と、分類する屈折異常が起こるのです。

そのため、目に映っている像がダブって見えたり、ぼんやりして見えたり、ハッキリとした映像を見ることが出来ません。

そして、物を普通に見ているだけなのに疲れ目になったり、頭痛がしたり、集中力が続かないなど、普段の生活において影響が現れます。

このような、どちらかの方向に角膜が長くなっている正乱視の場合、レーザーによって削る面に正常な球面を作る様に削ることで、矯正する事ができます。

つまり、いずれかの方向に対しより多く削るなどの方法により、各方向の屈折を均一にするのです。

関連情報
乱視の治療法解説ムービーのページです。レーシック・PRK等の角膜矯正手術や視力回復の治療法を紹介しています。(続きを読む)
参考:アンティーク トキ伝説 ユリアサポート 世紀末サラリーマン フドウ伝説 伝承奥義 北斗最強 

スポンサーサイト
【2009/11/23 10:04 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<エステサロンの種類(2) | ホーム | 引越見積>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://netkzakkib.blog123.fc2.com/tb.php/489-12390ec5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。