FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
くも膜下出血の重症度と治療法の選択

脳卒中(脳血管障害)の3つの病気、すなわち脳出血、脳梗塞、くも膜下出血のうちで、もっとも発症頻度が低く、死亡率が低いとされるのが、くも膜下出血です。

もうろうとしながらも意識があり、片麻痺などがみられる、4段階目までならば、外科的手術は必要ないのではないか、といわれます。

ただし、内科的治療では、根本的な治癒はできません。したがって、予防のための手術ということもあります。

くも膜下出血は、脳卒中(脳血管障害)のなかでも、手術でなおる可能性がもっとも高い病気です。手術がうまくいけば、予後はほかの脳卒中(脳血管障害)よりも良いといえます。

関連情報
兵庫県の宝塚、伊丹、川西、三田の4市と猪名川町の16施設の病院、診療所でつくる「阪神北脳卒中地域連携研究会」が、4月中旬から、脳卒中の治療の「地域連携クリティカルパス」を導入する。 注目されるのは、脳卒中の後遺症で飲み込む力が低下、口腔 ...(続きを読む)
参考:スノーブーツ 葡萄屋 チタンナイフ かすたまP chupa MOMA オーデジバンシー 

スポンサーサイト
【2009/04/14 18:20 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<舌の病気 | ホーム | 乱視の矯正>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://netkzakkib.blog123.fc2.com/tb.php/409-8590686d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。