FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
乱視の矯正

乱視を矯正するには、眼鏡、コンタクトレンズ、屈折矯正手術などがありますが、一番安全性が高く手軽なのは、眼鏡です。

眼の屈折異常には、乱視、遠視、近視、の3種類がありますが、乱視はそれ単独で現れる事は少ないので、遠視や近視に付いて生じる事がほとんどと言えます。

乱視があると、物のぼやけ方が横方向と縦方向で違ってきます。例えば、近視と乱視がある人が近視のみ矯正してある眼鏡を掛け、碁盤の様なマス目を見ると、縦線はハッキリしているが横線は少しぼやけているという様な現象が生じることがあるのです。

逆に、近視だけの矯正をした眼鏡では物がすべてある方向にダブって見えるという事も起こります。それはほとんどの場合で、乱視を正しく矯正することにより解消出来るのです。

必ず、自分の症状にあった眼鏡をかけることが大切です。

関連情報
レーシック手術で乱視は程度によっては治療可能とのことですが、不正乱視はどうなのでしょうか? 不正乱視とは、角膜の表面が凹凸に歪んでおり治療が難しいもので、メガネでの矯正も難しいといわれています。不正乱視用の眼鏡を作ろうとするととても高い ...(続きを読む)
参考:ドライエイド 宇野薫 5-56 UMAX クルミ デイパック 南沙織 

スポンサーサイト
【2009/04/13 13:08 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<くも膜下出血の重症度と治療法の選択 | ホーム | 前髪でニキビを隠す。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://netkzakkib.blog123.fc2.com/tb.php/408-ef6cab3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。